福島第一原発3号機 – プルサーマル

line

2号機の圧力抑制室が破損しているのに、なぜ3号機(や4号機)への放水を優先するのか?
福島第一原発の3号機は、プルサーマル発電の原子炉でした。いわるこっちのが危険だから。
ここで使われるMOX燃料には、色々と問題点があるのだそうです。

プルサーマルWikipedia
プルサーマルとは、プルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使うことを言う。なお、プルサーマルとは、プルトニウムのプルとサーマルニュートロン・リアクター(熱中性子炉)のサーマルを繋げた和製英語(plutonium thermal use)である。なお、軽水炉は熱中性子炉の一種である。

MOX燃料Wikipedia
ウラン新燃料に比べ放射能が高い(特に中性子が著しく高い)ため、燃料の製造については遠隔操作化を行い、作業員の不要な被曝に十分配慮して行う必要がある。
ウラン中にプルトニウムを混ぜることにより、燃料の融点が下がる。これにより燃料が溶けやすくなる。また熱伝導度等が、通常のウラン燃料よりも低下する。これにより燃料温度が高くなりやすくなる。
核分裂生成物が貴金属側により、またプルトニウム自体もウランよりも硝酸に溶解しにくいため、再処理が難しい。
FPガスとアルファ線(ヘリウム、ガス状)の放出が多いため、燃料棒内の圧力が高くなる。
性質の違うウランとプルトニウムをできる限り均一に混ぜるべきであるが、どうしてもプルトニウムの塊(プルトニウムスポット)が生じてしまう(国は基準を設けて制限しているが、使用するペレット自体を検査して確認することはできない)。

プルサーマル発電での営業運転中の原子炉
・九州電力 玄海原子力発電所3号機 2009年(平成21年)11月5日より試運転開始。同年12月2日より、営業運転を開始。
・四国電力 伊方原子力発電所3号機 2010年(平成22年)3月2日より試運転開始。同年3月30日より、営業運転を開始。
・東京電力 福島第一原子力発電所3号機 2010年(平成22年)9月18日より試運転開始。同年10月26日より、営業運転を開始。
・関西電力 高浜原子力発電所3号機 2010年(平成22年)12月25日より試運転開始。2011年(平成23年)1月21日より、営業運転を開始。

恐らく3号機が一番危険だったんですね。

原発について、これからも勉強してゆきたいと思います。

1 Comment

HAS3月 29th, 2011 at 3:10 AM

残念ながら、悪い予感が当たってしまったようです。
政府の発表によると、原発周辺からプルトニウムが検出されているとのことです。

Leave a comment

Your comment


Trackback URL