WordPress2.7 404ページのカスタマイズ

line

テーマ標準の404ページ(ページが見つかりません)は、そのままではいけませんので、自サイト版へカスタマイズしてみます。
※ご参考にされる場合は、環境により読み替えてご理解ください。

環境及びバージョン
・WordPress: 2.7.1
・テーマ: iNove 1.2.3

404ページをカスタマイズ
・「管理ページ」の左メニュー「外観」→「編集」をクリックする。
・右側の「404テンプレート」をクリックする。
・ここで編集できるのですが、念のためにメモ帳などで内容をバックアップしておいてください。

404テンプレート(iNoveの例)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
<?php
//----------
$SITE_USER='あなたのアカウント名';
$SITE_NAME='サイト名';
$SITE_HREF='サイトトップのURL';
$SITE_IMG='http://farm3.static.flickr.com/2114/2303427067_c817d7fb51_m.jpg';
$e404_TTL='404 NOT FOUND';
$e404_MS1="指定されたURLは存在しません。<br />
URLが間違っているか、ファイルが移動した可能性があります。<br />
誠に恐れ入りますが、トップページよりお探しください。";
$e404_MS2="$SITE_NAME<br />
<a href=\"$SITE_HREF\">$SITE_HREF</a>";
$BANNER=''
//----------
?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
 
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head profile="http://gmpg.org/xfn/11">
	<meta http-equiv="Content-Type" content="<?php bloginfo('html_type'); ?>; charset=<?php bloginfo('charset'); ?>" />
 
	<title><?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title(); ?></title>
	<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="<?php _e('RSS 2.0 - all posts', 'inove'); ?>" href="<?php echo $feed; ?>" />
	<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="<?php _e('RSS 2.0 - all comments', 'inove'); ?>" href="<?php bloginfo('comments_rss2_url'); ?>" />
 
	<!-- style START -->
	<link rel="stylesheet" href="<?php bloginfo('template_url'); ?>/404.css" type="text/css" media="screen" />
	<!-- style END -->
 
	<?php wp_head(); ?>
</head>
 
<body>
 
<div id="container">
<?php if(isset($SITE_NAME)){ echo "<center><strong>".$SITE_NAME."</strong></center><br />"; } ?>
	<div id="talker">
		<a href="<?php echo $SITE_HREF; ?>"><img src="<?php echo $SITE_IMG; ?>" alt="<?php _e("$SITE_USER", 'inove'); ?>" /></a>
	</div>
	<div id="notice">
		<h1><?php _e("$e404_TTL", 'inove'); ?></h1>
		<p><?php _e("$e404_MS1", 'inove'); ?></p>
		<p><?php _e("$e404_MS2", 'inove'); ?></p>
		<div class="back">
			<a href="<?php bloginfo('url'); ?>/"><?php _e("$SITE_NAME &raquo;", 'inove'); ?></a>
		</div>
		<div class="fixed"></div>
	</div>
	<div class="fixed"></div>
<?php if(isset($BANNER)){ echo "<br /><center>".$BANNER."</center>"; } ?>
</div>
 
</body>
</html>

※基本的にソース上部へ変数の宣言を追加し、既存の部分にはその変数を表示するように書き換えただけです。

補足説明
・1-16行目 – 変数の宣言
※あくまでも例ですので、環境にあわせて書き換えてください。

1
2
$SITE_IMG = あなたのイメージ画像のURL(表記はテーマのデフォルトのままです)
 $BANNER = XREA等の場合は、ここへ広告タグを貼り付ける。

・37行目 – 上部のサイト名
・39行目 – 左側のサイト管理者画像
・42行目 – タイトル
・43行目 – エラーメッセージ
・44行目 – サイト説明
・51行目 – 広告バナー

こんな感じになりました。
※デザイン的にあまりよくないかもしれませんが、、

それでは、では、(^_^)\~

3 Comments

HAS12月 17th, 2009 at 11:58 AM

テーマを変更しましたので、現在、iNoveでのデザイン確認は行えません。ご了承ください。

cheap auto insurance3月 24th, 2016 at 1:36 PM

I really appreciate free, succinct, reliable data like this.

If time is money you’ve made me a wealthier woman.

Leave a comment

Your comment


Trackback URL